MENU

企業が注目する心理資格!メンタルヘルスマネジメント検定とは

近年、企業が注目する「心理資格」として、メンタルヘルスマネジメント検定が注目を集めています。

本記事では、メンタルヘルスマネジメント検定とは何か、取得するメリット、企業が注目する理由、そして企業での就職・転職の現状などについて詳しく説明します。企業が注目する心理資格を取得したい方は、本記事をぜひご覧ください。

目次

メンタルヘルスマネジメント検定とは

働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内の役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得するというものです。

この試験は、Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種の3つのコースに分かれており、各コースの内容は、厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を参考に構築されています。

メンタルヘルスマネジメント検定を取得するメリット

最近多くの企業内では社員のメンタルヘルスのために関心を払うようになっています。

社員のメンタルヘルスが重視されるようになったきっかけには、過労などによってうつ病などの精神疾患を発症する人が増加しているという社会背景があります。

企業内でうつ病を発症する人が出た場合には、周りの社員によるサポート体制をとることが望まれています。そうした中、最も会社の中でメンタルヘルスマネジメント能力を必要とされているのは何といっても管理職です。管理職がメンタルヘルスについて知識を得ておくことは部下の管理を行ううえでもとても大切なことであるといわれています。

しかし、中にはどのようにメンタルへルスマネジメントを行ったらよいかわからないという管理職がいます。

そこで、近年メンタルヘルスマネジメント検定という資格試験に人気が集まっています。この検定に合格した場合には、メンタルヘルスマネジメントに関する知識や技術が身についているという証明になります。

この検定は、企業内の管理職にとっては非常に効果的なものとなっており、また将来的に管理職を目指す人にとっても役に立つといわれています。そうしたことから、メンタルヘルスマネジメント検定は将来性のあるメリットのある資格ということができます。

企業が注目する理由とは

現代人の3人に1人が精神的な病気を抱えていると言われている日本。

ストレス社会になった現代では、企業にとって働く人々の個々との健康を維持することが重要になってきました。

仕事で強いストレスを感じている人は多く、心の不調による休職や離職者も急増してきています。

そこので、悩んでいる人の心に深く関わり、メンタル面を支える仕事が今とても注目を集っているのです。

企業は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内の役割に応じて必要なメンタルヘルスケア講じていかなくてはならなくなってきおり、厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」によりメンタルヘルス対策を企業に義務づける動きが進んでいることから、メンタルヘルス対策に取り組む企業や団体が増え、カウンセラーの導入・推奨する企業や団体が増加してきています。

今後、ますますメンタルヘルスの重要性が増すとともに、この資格取得者の位置づけも重要になってくるでしょう。

企業での就職・転職の現状

現代はストレス社会であり、多くの人が仕事や職場環境に強いストレスを感じています。心の不調による求職者や離職者も増えてきているのが現状です。

働く人達の心が健康でなければ、企業としても生産性が悪くなったり仕事の効率が悪くなったり悪循環を招く結果になります。働く人それぞれが能力を充分に発揮し、活気ある職場にするためにも企業が組織的に取り組むことが必要になってきています。

企業での就職・転職の現状どうなっているのでしょうか?

現在の職場で体の定期的な健康診断はあっても、心の健康診断をしているところはそう多くないと思います。

しかし、メンタルヘルスマネジメント検定を総務人事部門に所属する社員に取得を推奨している企業もあり、資格手当がもらえる対象となっている場合もあります。

メンタルヘルスの重要性は理解しているけれど、なかなか社内で知識のある人間がいないのでメンタルヘルスの規程管理が進んでいない場合が多いようです。メンタルヘルスに力を入れている企業であったも高いお金を払って外注することが多く、メンタルヘルスマネジメント検定を取得することによって総務人事部門への就職・転職などに有利になるでしょう。

まとめ

ストレス社会といわれている現代では、多くの企業が働く人の心のケアに注目を集めています。今後、ますますメンタルヘルスの重要性が叫ばれるとともに、企業においてもこの資格取得者の位置づけも重要になってくるのではないかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次