MENU

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

ゲームクリエイターとゲームプログラマーは一般的にはよく混同されがちです。この記事では、ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違いを明らかにし、ゲームクリエイターになるための適性や、ゲームプログラマーを求める企業がどのような人材を求めているのかなどを詳しく解説します。それぞれの職業の魅力を知りたい方、ゲームプログラマーになるための準備をしたい方はぜひご一読ください!

目次

ゲームクリエイターとゲームプログラマーって?

ゲームクリエイターとゲームプログラマーというのは同じものだと思っている人もいるかも知れませんが、これらは別物であり将来ゲームを作りたいと思っている場合、それぞれの特徴をよく理解しておくようにしましょう。

ゲームクリエイターとは

ゲームクリエイターという言葉は、二つの意味を持っており、ゲーム制作全般に関わる人たちと、ゲームの企画や方向性を決定する役職を指します。

まず、ゲームを作る人という意味でのゲームクリエイターは、ゲームプログラマーをはじめ、シナリオライターやグラフィックデザイナーなど、ゲーム開発に携わる様々なスキルを持つ専門家たちを指します。これらの人々は、それぞれの分野で協力し、ゲームの完成に向けて努力します。

一方、役職としてのゲームクリエイターは、ゲームのプロデューサー、プランナー、ディレクターなど、ゲームの構想や方向性を決める人たちを指します。映画監督のような立場であり、実際にゲームを作るわけではないものの、ゲームの全体像を設計し、制作チームに指示を出す役割を担います。

ゲームプログラマーとは

ゲームプログラマーというのは、出来上がった企画のとおりにゲームを作り上げていく人たちであり、工事で例えるのであれば実際に家を建てる大工さんなどのような存在となります。

そのため、プログラマーは好きにゲームを作るのではなく、決められた通りのものをつくり上げる仕事をすることになります。

プログラムというのは組み方というのが様々な方法があるので、その点で個性を出すことが出来るのですが、出来上がるものに対しては決められた基準を満たすものを作ることを求められ、そこにプログラマーの意思が介在することはありません。

一昔前まではクリエイター兼プログラマーと言った立場の人も多く自由にゲームを作っていた時代もありましたが、近年では少数でゲームを作るということが難しくなったことから設計をする人と実際に作る人の役割が分担されるようになりました。

あわせて読みたい
ゲームクリエイターの年収《収入・給料》は安い?最高はいくらくらい? ゲームクリエイターとしての仕事に年収《収入・給料》がある方必見!本記事では、ゲームクリエイターの年収やゲームデザイナーの年収、現在のゲーム業界の傾向などを詳...

ゲームクリエイターに向いている人

日本は、ゲームが好きな若者が多いですが、将来、ゲーム業界で働きたいと考えている学生も少なくありません。

自分がゲームクリエイターになる適性があるかどうか心配ですね。

ゲームクリエイターにどんな人が向いているかについては、こんな方が向いているといろいろとあげてみました。ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲームクリエイターになりたい高校生必見!進路選びのコツ ゲームクリエイターになるための適切な進路を知りたいですか?この記事では、ゲームクリエイターになるための必要な資格や資格取得方法、高校生や大学生がゲームクリエ...

こんな人を企業は求めている!

独自のセンス

まず、よく言われるのが独自のセンスです。センスがない人は、ゲームクリエイターに向いていません。創造的な仕事をする人は、みな独特な感性を持っています。

ただ、優れた感性があっても、実際に作品を作り出すには、責任感も必要となります。

やりきる責任感

特にゲーム制作の世界では、何年もかけて作品を作り上げていきます。かなり根気のいる仕事で、自分のミスが多くの人に影響することも多々あります。

ですから、責任感が強く、自分に与えられた仕事をきっちりこなす能力は、すごく大切です。いくら能力があっても、責任感がない人はクビになることが多いです。ゲームクリエイターには、繊細さが必要ですが、一方でストレスに耐える強さも必要です。

このバランスが難しいのですが、一流のゲームクリエイターは、繊細さと強さを両方持っている人が少なくありません。

また、チームで作品を作り上げていくので、仲間とコミュニケーションを取りながら仕事ができる能力も重要です。

独自のセンスを磨くためには

独自のセンスをどうしたら身につけることができるのって思いますね。それはやはりいろいろなことを経験するということが重要ではないかと思います。たとえば、読書であったり芸術を見に行く体験するといったことではないでしょか。読書であればSFや歴史小説などさまざまなジャンルを読んで世界観を得るということもいいかと思います。さまざまな経験・体験をすることで独自を感性を磨いていけるのではないでしょうか。

まとめ

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの仕事の違いはわかったのではないでしょうか。それぞれの仕事の特性を理解して進みたい道を決めていきましょう。ゲームクリエイターの適性はなかなか身につけることが難しいスキルです。そのためには、いろいろな感性に触れるということが大事になってきます。小説を読んだり、美術館に行ったりとさまざまなものやことに触れあなた自身のオリジナルなスキルを磨いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたオジサン

1980年代生まれ、東京都錦糸町出身。
有名?進学校に通うも大学受験に失敗し浪人できず、同じ高校出身者ゼロのFランク大学の法学部にめでたく入学。
超就職氷河期に突入し、書類審査で連続落選。
120社を訪問し、70社に応募するも内定は1社のみ。(要は無能)
2000年代に大量募集していた東証一部(現プライム)の独立系SIerに入社。ロースクールブームに乗せられ2年で退社。
Fランク大学出身のためロースクールで学力が伸びず失敗し、4年間無職。
その後、1社目よりレベルの低いSESばかりの零細SIerに転職し、年収240万円(交通費込み)。
その後15年ほど、紆余曲折ありつつ、最終的に4社でCTOを就任。
過去5年の平均年収は、税引後 約2000万。最高年収は3100万。
現在はCTOを全て退任。フリーランスエンジニアの立ち位置。実態の無職。
現在は1人会社を作って色々事業を試してます。
このブログも貰い物。他ブログも買ったりして、現在は発信に努めてます。

目次