MENU

ヘアメイクアップアーティストになるための専門学校・講座の費用ってどれくらい?

美容・ヘアメイクアップアーティストを学ぶにはしても、そんな時に気になるのが専門学校・講座を受けるための費用です。今回は、ヘアメイクアップアーティストになるための専門学校・講座の費用を、詳しく解説していきます。専門学校と講座のそれぞれの費用を比較し、受講する際の注意点などもまとめました。ヘアメイクアップアーティストを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

目次

ヘアメイクアップアーティストになるためには

ヘアメイクアップアーティストになるために、美容師資格が必要になります。美容師資格を取得するためには美容師養成施設であるヘアメイク・美容專門学校を卒業しなければ受験資格をもらうことができません。

美容専門学校で学ぶ

ヘアメイクアップアーティストになるために、知識と技術が必要になります。多くの方は、高校卒業後に美容専門学校やヘアメイクを学べる学科がある学校に進学してヘアメークに関する基礎知識や技術などを学んでいきます。ただ、メイクアップアーティストを目指しているのであれば、美容師の資格を取得する必要はありません。

メイクアップスクールと美容学校のそれそれの特徴

メイクアップスクールと美容専門学校での大きな違いは、スクールの場合はメークアップアーティストになるための勉強をしていきます。専門学校の場合は、メーク以外の勉強も行ない美容師など資格を取得するといったことも可能です。

就職しながら夜間や通信講座などで学ぶ

就職をして美容サロンなどで働きながらというのも可能です。ヘアメイクアップアーティストをしている中での数パーセントの方は、働きながら夜間学校や通信講座などで学びこの仕事に就いたという人もいます。

※スクール卒業では、美容師を受験する資格を得ることができないのでヘアメイクアップアーティストになりたいという方には専門学校を選びましょう。

ヘアメイクアップアーティストになるための費用はいくらぐらい?

ヘアメイクの資格に公的なものはありません。しかし複数の民間団体がさまざまな資格を認定しています。

中には主催する団体や協会に加盟する養成校に通わなければ受験資格が得られない資格もありますが、多くの場合、受験資格は問われず誰でも挑戦できるものとなっています。将来的にヘアメイクを仕事にしたい人はもちろん、趣味として極めたい人も取得に挑戦してみると良いでしょう。資格に合格するためのメイク技術や知識を習得するには、専門学校やスクールに通う、通信教育を受講する、独学で学ぶといった方法があります。

それでは、それぞれの方法でどのくらいの費用がかかるかを見ていきましょう。

専門学校

学校によって学べる内容は異なり、通学期間も1年から3年までさまざまです。美容師養成校で美容師専門科目と同時にヘアメイク技術を学ぶ学校や学科・コースであれば2年か3年となり、ヘアメイクに特化して学ぶ学科やコースであれば1年か2年となります。1年間の授業料はだいたい100万円程度が相場といったところです。ただし、これに初年度は入学金が5万円から20万円程度、各学年で教材費や実習費、施設利用料などが40万円から60万円ほどかかってくるのが一般的です。学費は学校によって大きく差が出ますので、入学前によく確認しましょう。学校の多くが分割払いに対応していたり、教育ローンや奨学金を取り扱っていたりします。経済的に厳しい場合は検討してみましょう。なお、専門学校ではなくスクールの場合は数か月や半年などの短期間コースもあり、学費も数十万程度となります。

具体的な美容系の専門学校

主に通学期間は2~3年で、メイクだけではなく、ヘアメイク、ネイル、エステなど美容に関する総合的な専門知識を学んでいきます。なので、将来ヘアメイクアップアーティストなど幅広く活躍していきたいという方は専門学校がいいでしょう。また、就職という面で考えるとスクールより幅広い選択をすることができるのではないでしょうか。

通学期間:2~3年間
学習内容:メイク、ヘアメイク、ネイル、エステなど幅広い美容の知識を学ぶ
費用:100万~300万円程度
サポート:就職サポートがあり、美容師を受験する資格を得ることができる

将来あなたが目指すものによって学校選びというものは変わってきます。あなたにあったものを選ぶようにしてきましょう。

メイクアップスクールで学ぶ

通学期間は3ヶ月~2年間でメイク専門の勉強をしていきます。現役で活躍しているプロの講師が指導をしてくれ、即戦力の人材として育成してくれます。専門学校に行くよりは比較的安く行くことができます。就職サポートもあり、スクールによっては開業のサポートまでしてくれるところもありますよ。

通学期間:3ヶ月~2年間
学習内容:スタジオ撮影、舞台、和装、特殊メイクなど専門のカリキュラムを学ぶことができる
費用:20~200万円程度
サポート:就職サポートがあり、スクールによっては独立後の開業サポートなどがある

通信教育

通学に比べると大幅に費用をおさえることができます。ヘアメイク専門学校の中には通信課程を開講しているところがあり、通信だけでななく年に何度かスクーリングも開催されます。ヘアやメイクの技量はDVDなどの映像教材やテキストだけで習得するのは不十分で、やはり実際に触れてこそ技術を高めるのに役立ちますので、通信講座を受講する場合はスクーリングも受けられるコースを選ぶといいでしょう。講座の内容により費用は異なりますが、30万円から80万円程度となります。

独学

メイク用品から道具、テキストなど一式すべてを自分でそろえて学ぶことになります。そのため、個人の学びかたにより、かかる費用はさまざまとなります。数万円でもある程度学べますし、多くの用具や道具をそろえていけば50万円程度はかかることもあるでしょう。

いずれにしてもヘアメイクアップアーティストになるためにはそれなりの費用がかかってきます。しっかりと調べた上であなたにあったものを選ぶようにしましょう。

アシスタントとしての経験が必要になる!

プロのヘアメイクアップアーティストになっていくためには、専門学校を卒業してヘアメイクアップアーティストの事務所や美容室や化粧品会社などに就職をして、アシスタントとして新たに技術・知識・経験を積んでいきます。

数年のアシスタントを経験しながらヘアメイクの技術と知識を学び、さらに多くの人脈を築いていくことが大切です。活躍している方にアシスタントとして雇ってもらい様々な経験を積み、その後独立を目指していきます。。

いずれは、フリーとして活躍をしていくのであれば、人脈というのが大切になります。若いうちから多くの人と出会いコミュニケーションを取り多くの人脈を築いていきましょう。フリーになったときには、必ず将来役立つことでしょう。

まとめ

プロのヘアメイクアップアーティスになるためには、専門学校などのスクールに通うことが近道です。しかし、上記のとおり費用は安いものではありません。または、学校に通うのであれば1年から2年はかかりますのでしっかりと勉強をできる環境をつくることをおすすめします。最後に、どんなコースを選ぶかはあなた自身ですが選ぶ際には費用を比較し注意点をチェックしながらしっかりと比較検討をして納得した上で決めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたオジサン

1980年代生まれ、東京都錦糸町出身。
有名?進学校に通うも大学受験に失敗し浪人できず、同じ高校出身者ゼロのFランク大学の法学部にめでたく入学。
超就職氷河期に突入し、書類審査で連続落選。
120社を訪問し、70社に応募するも内定は1社のみ。(要は無能)
2000年代に大量募集していた東証一部(現プライム)の独立系SIerに入社。ロースクールブームに乗せられ2年で退社。
Fランク大学出身のためロースクールで学力が伸びず失敗し、4年間無職。
その後、1社目よりレベルの低いSESばかりの零細SIerに転職し、年収240万円(交通費込み)。
その後15年ほど、紆余曲折ありつつ、最終的に4社でCTOを就任。
過去5年の平均年収は、税引後 約2000万。最高年収は3100万。
現在はCTOを全て退任。フリーランスエンジニアの立ち位置。実態の無職。
現在は1人会社を作って色々事業を試してます。
このブログも貰い物。他ブログも買ったりして、現在は発信に努めてます。

目次