MENU

社会人として働きながらメイクアップアーティストになるには

社会人として働きながら、メイクアップアーティストを目指す方法をご紹介します。夜間学校や週末学校などの専門学校を利用して学ぶことを中心に、メイクアップアーティストのアシスタントとして働くための求人の探し方なども解説していきます。また、学校では具体的にどのようなことを学ぶのかという点も詳しく解説します。社会人として働きながら、自分の夢を叶えたい方はぜひ本記事をご覧ください。

目次

社会人として働きながらメイクアップアーティストを目指す方法

すでに社会人の方やこれから美容関係の仕事に就きながらメイクアップアーティストを目指すといった方はぜひ参考にしてください。

モデルやタレントなどにメイクを施すメイクアップアーティストは、自分の腕をメイク道具さえあれば、どこでも生きていくことが出来ます。いわゆる「手に職をつける」ことが出来るため、実力をつけて独立を目指すことも可能である上、自分の頑張り次第で一生もののスキルを得ることも出来ます。

そんなメイクアップアーティストですが、既に社会人として働いている人やこれから働きながらメイクアップアーティストを目指すというは決して不可能ではありません。

現在、社会人として働きながらメイクアップアーティストを目指す場合は、『夜間学校』や『週末学校』を活用することをおすすめします。この『夜間学校』や『週末学校』のメリットとはメイクアップアーティストになるために必要な知識や技術を効率的に学ぶことができるという点ですね。

メイクアップアーティストの専門学校は、『夜間学校』や『週末学校』を実施しているところもあり、社会人として働きながら仕事終わりに学校へ通うことが出来るようになっています。

また、既に美容関係の仕事をしている人が、「キャリアアップ」として夜間学校に通うこともあります。もちろん、社会人として全く美容業界とは関係のない仕事に就いていたとしても、夜間学校に通うことで自分の夢を実現させることは決して不可能ではないのですよ。

具体的にどのようなことを学ぶの?

顔のメイクだけでなくヘアメイクのスキルも求められるため、美容に関する幅広い知識や技術を習得する必要があります。夜間学校の授業は実技を中心に行われるため、はじめのうちは上手くいかずに苦戦したことを「苦労した点」として挙げる人も多くいます。

それでも、メイクアップアーティストは自分自身の実力がものを言うため、仮に上手く出来なかったとしても地道に努力を重ねていき、少しずつ自分の夢に近づいていくことが大切です。決して楽な道のりではありませんが、諦めなければきっと夢は叶うはずです。

メイクアップアーティストのアシスタントとして弟子入りして学ぶ

メイクアップアーティストとして働きたいと考えている人にはいくつかの道が用意されており、ひとつは専門学校に通いながら基礎的な技術や知識を身につけ、プロダクションなどに就職するというもの、そしてもうひとつはアシスタントの仕事をしながら現場の仕事を直接覚えるというものです。基本的には専門学校に通って就職するというのが一般的な方法なのですが、中には学校に通う前にメイクアップアーティストのアシスタントとして弟子入りしてからという人もいるようです。

このようなアシスタントの仕事はフリーとして働くことができるほか、見習いとして直接現場での動きを把握することができるので専門学校卒業後は即戦力として活躍することができるというメリットがあります。そのためこのようなスタイルを希望する人も多いのですが、求人募集はどう探す?というところで悩みを抱えている人もいるようです。

アシスタント募集のどうやって求人を探すの?

フリーのメイクアップアーティストのアシスタント募集に関しては、まず一番に人脈をたどるという方法が利用できます。ただし人脈がない場合はこの方法が取れないので、インターネットでの求人情報から求人を探すという方法を取るというのが一番無難なものとなっています。

ほかにもフリーで働いている個人のメイクアップアーティストなどの場合は求人サイトなどに掲載せず、自分のホームページやブログなどから募集をかけているという場合もありますが、必ず募集されているというわけでもないのでタイミングによってはどのメイクアップアーティストも募集をかけていないということも少なくありません。

つまりアシスタントの仕事の求人募集に関しては完全にタイミングの問題となっており、ほかの仕事と比較するとなかなか求人がかかっているということも少ないようです。だからこそ諦めずに常に探し続けるということが必要となっており、場合によっては学校に通いながら仕事をするというスタイルも視野に入れて考える必要があります。

まとめ

このように社会人が働きながらメイクアップアーティストになることは、なかなか厳しいところもありますが、夜闇学校や週末学校で学習をすることで目指すことができます。また、メークアップアーティストのアシスタントとして現場で直接覚えるということもできますが、求人を探してみるとタイミングなどもあり厳しいというのが現状のようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次