MENU

IT転職成功への道標!CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)資格習得とその価値について

あなたがIT転職の道を探しているなら、CCNA資格を取得するという選択肢は聞いたことがあるでしょうか?この記事では、CCNA資格の詳細とその取得があなたのキャリアにどのように影響を与えるかを簡潔に解説します。きっと、これを読んだ後であなたはCCNA資格に対する理解が深まり、IT転職の道標がより鮮明に見えるはずです。

目次

CCNAとは

CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)という言葉を聞いたことはありますか?これは、世界的なネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズが授与する、ネットワーク技術者の資格です。CCNAが証明するのは、ネットワークの基本的な仕組みから、シスコ製品の操作方法、さらにはセキュリティ対策までの知識。これを手に入れることで、あなたもネットワークエンジニアとして新たな一歩を踏み出すことが可能になります。

なぜCCNA資格を取得するべきなのか?

CCNA資格を取得すると、新たな扉が開きます。まず第一に、ネットワークエンジニアとしてのキャリアを切り開く一歩になるのです。これはまさにネットワークエンジニアとしての足がかり、新たなスタートラインを示す証です。あなたの転職活動や昇進への道程に、強力な推進力を与えてくれるでしょう。

さらに、CCNA資格を持つことは、あなたにネットワーク技術の豊かな知識をもたらします。ここで学ぶ技術や概念は、あなたが直面する様々なネットワーク問題を解決するための土台となります。

さらに、CCNA資格はあなたのスキルセットを豊かにします。それはただの技術的なスキルだけでなく、複雑なネットワーク課題に対して理論的かつ実践的な観点からアプローチする能力も身につけます。

そして最後に、CCNAはあなたにネットワーク技術についてのコミュニケーション能力を養います。これは、他の専門家やチームメイトとの意思疎通をスムーズに行うために必要なスキルです。

まとめると、CCNA資格はネットワークエンジニアとしての新たなキャリアを切り開く一歩であり、ネットワーク技術に関する深い知識とスキル、問題解決能力、そしてコミュニケーション能力を身につけることができる大きなチャンスなのです。

CCNA資格の試験内容

この試験は一度に合格しなければなりません。設定されている試験時間は90分で、選択式の問題で出題されます。
試験内容は大きく三つで

  • ネットワークの基本理論
  • シスコ製品の設定・操作方法
  • ネットワークセキュリティ対策

です。

具体的な試験内容は、次のような内容になります。

ネットワークの基礎知識
OSI参照モデル
TCP/IPプロトコル
ネットワークの構成と管理
ネットワークセキュリティ
シスコ製品の設定・運用
スイッチの設定
ルーターの設定
ファイアウォールの設定
無線LANアクセスポイントの設定
セキュリティ対策
侵入検知システム
アンチウイルスソフト
ファイアウォール
パスワードポリシー

CCNA資格の受講料

CCNAの受験料は税込みで42,900円となっています。

CCNA資格は有効期限がある?

実は、CCNA資格には3年という有効期限があります。試験に合格したからと永遠に資格がある訳ではないんです。なのでこの資格を保持していくためには常に勉強をしていく必要があります。IT技術というのは日々進化しています。その知識を常にアップデートしていないと資格を保持するのは難しいようです。ただ、資格を保持しているということはそれだけ、最新のIT技術を理解しているという証にもなりますね。

CCNA資格の取得方法

CCNA試験は、一部の選択式問題とシミュレーション問題から成り立っています。試験内容は、ネットワーキングの基本から応用までを幅広くカバーしています。シスコの公式教科書やオンライン学習コースは、学習の参考リソースとして有効です。

CCNA試験の難易度と必要な勉強時間

シスコ社からはCCNAの合格ラインは公式に発表されていません。ですが、有名な学習サイト「Ping-t」に投稿された合格体験記から推測すると、1000点満点中850点が一般的な合格ラインとされています。

考えてみてください、試験で8割以上正解するというのはかなりの難関と感じますよね? しかし、試験前にシスコ社が提供するアンケートに回答すれば、なんと300点が自動的に与えられます。そのため、実際には残り700点のうち、550点を得れば合格となるのです。要するに、正解率は75%ほどに下がるのです。こう考えると、少し難易度は低く感じられますよね?

合格率:およそ25~30%

合格点と同じく、CCNAの合格率もシスコ社から公式には公表されていません。正確な数字は不明ですが、口コミなどから推測すると、おおよそ25〜30%と考えられます。

なお、同等の難易度とされている基本情報技術者試験の合格率は、IPA「令和4年度 情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 統計資料」によると25〜35%とされています。これからも、CCNAの合格率もおそらく同程度だと予想できます。

必要な勉強時間

CCNAに合格するためにどれだけの勉強時間が必要かは、あなたがすでにネットワークの基礎知識を持っているか否かで大きく変わります。

IT関連の知識が既にある方々は、最低でも60時間の学習が必要とされています。例えば、1日に2時間ずつ学習すれば、約1カ月間の勉強でその目標は達成可能です。しかし、これはあくまで目安です。自分の知識と理解度を確認しながら、必要に応じて学習時間を調整してください。

一方、ネットワークに関する知識がほとんどない方々にとっては、最低でも200時間の学習時間が必要とされています。これは、ネットワークの基礎から学ぶ必要があるためです。例えば、1日に2時間ずつ学習すれば、約3ヶ月間の学習が必要となります。もちろん、この時間はあくまで最低限で、より深い理解を得るためにはそれ以上の時間を必要とするかもしれません。

CCNA試験に合格するための学習と準備のためのヒント

シスコ認定ネットワークアソシエイト試験に合格するには、戦略的な学習方法と時間管理が欠かせません。例えば、毎日決まった時間を学習に費やすことや、定期的に復習を行うことが効果的です。また、過去問題を繰り返し解くことで、問題解決能力を磨くことが重要です。

ネットワークの基礎知識を学ぶには、参考書やセミナー、オンライン学習などがあります。CCNAの試験合格に必要な勉強時間は、約200時間です。

CCNA資格取得後のキャリア

CCNA資格を手にすると、ネットワークエンジニアやシステムエンジニアなど、多くの扉があなたの前に開かれます。さらに上位の資格にチャレンジしたり、他のITスキルを習得したりすることで、さらなるキャリアの拡大が見込めます。

まとめ

CCNA資格は、あなたがIT転職を成功させるための重要な一歩であると言えます。この記事を読んで、CCNA資格があなたのキャリアにどう影響を与えるかを考えてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次