高校生・大学生から雑誌編集者になるには!? 進路&必要スキル徹底ガイド

コンサルタント系資格

編集者としてのキャリアを目指すために、高校から専門学校を選択することは極めて重要なことです。本記事では、編集者を目指すための高校・専門学校選び方を詳しくご紹介します。まず、専門学校で勉強をして編集者を目指す、短大や大学で勉強をする、出版社に就職をする、編集プロダクションに就職をするなど、4つの方法を解説します。さらに、編集者になるために高校生で身につけるべきスキルについても解説します。高校から編集者を目指す方は、ぜひ本記事をご覧ください!

高校・高卒から編集者になるためにはどうしたらいい?


高校、高卒で編集者になるにはどうしたらいいのでしょうか?雑誌の編集者になるにはさまざまな方法があるので、雑誌編集者になりたい方はぜひ参考にしてください。

高校から編集者を目指すには

高校から編集者を目指すのであれば、出版関係、映像関係と編集者の中でも分かれています。出版関係の中でも書籍関連、雑誌関連と分かれるためどんな分野の編集者を目指すか明確にしておきましょう。多くの方は大学や専門学校に行き、知識・教養を学び卒業後に出版社や編集プロダクションを目指して勉強をしていくのが定番です。編集者は人気の職業のため大手企業の編集者になりたいと目指しているのであれば一流の大学に進学しないとなかなか難しいのが現状です。なので、大手企業のめざしているのであれば高校の勉強は一流大学に合格するぐらいの成績は残しましょう。

また、編集者はパソコンでの作業が多くなるので高校ではある程度扱えるようにしておいた方が有利でしょう。

専門学校で勉強をして編集者を目指す

マスコミ・出版系専門学校があり、その中には編集者の勉強ができるところもあります。
マスコミ・出版系専門学校で学ぶメリットは、その道のプロが講師を務め実践的な授業を受けることで即戦力のスキルと身につけることが可能です。

授業の中で取材を体験したり、文章や写真の構成を考えチームとして一連の作業をこなすことができ、実際の編集作業の仕事を体感することができます。
また、編集者にとって身につけておきたいフォトショップやイラストレーターという編集ソフトの基本操作なども学ぶことができ、実際就職をした際には役立つことができるでしょう。

短大や大学で勉強をする

大手のマスコミ・出版系の企業は、4年制大学の新卒者を対象にした入社試験を行います。一般教養や時事などさまざまなことを多く学ぶ機会があると思います。また、より詳しく学びたいという場合には、社会学 ・情報学 ・マスコミ学 ・メディア学などより専門的な知識を学べる学科があるのでそれらを専攻できる大学に進み、知識やスキルを磨くということもいいのではないでしょうか。

出版社に就職をする

出版社に就職をするということが一般的です。その場合には、出版社の多くは大卒または専門卒以上を学歴として求められています。でも、やはり大手出版社に就職をしたいというのであれば4年制の大学にした方がいいのではないでしょうか。

出版社の試験の多くは、一般常識、作文、面接といったことが行われ、ディスカッション≪討論≫などを取り入れている企業もあります。

しかし、特に大手出版社の場合には、就職をしても希望する雑誌の編集者として働くことができるかといえばそうないことの方が多いようです。宣伝、小説部署など様々な部署があるため希望しない部署などに配属をされるということの方が多く、経歴を積んで雑誌編集で働きたいということを会社に伝えていかなくてはなかなか難しいようです。

編集プロダクションに就職をする

その他の方法として、編集プロダクションに就職するという方法もあります。現在、多くの雑誌ではこういった編集を専門とする編集プロダクションに依頼をして行っているところが多く、編集プロダクションに就職をすれば出版社の編集部と相談をしながら企画、撮影、レイアウト、色校正といった雑誌編集の仕事に携わることができます。

雑誌によっては、すべてを編集プロダクションに任せ出版社は監督、内容チェックといったことをするところもあるようです。

編集プロダクションは、出版社と比較すると採用条件は厳しくありませんので、専門学校卒業の方でも十分に活躍をすることができるでしょう。

また、実力をつけて出版社に転職したり、そのままフリーランスになる人や、独立して編集プロダクションを設立したりするという人もいます。

なので、あなたの目指すものが何かを明確にしたうえで、大学か専門学校に行くかを決めていくことで雑誌編集者になることができるのではないでしょうか。

編集者になるために高校生で身につけたいスキル

編集者はさまざまな経験・知識が必要な職業です。将来から編集者を目指しているのであれば早くから身につけておきたいスキルをご紹介します。

コミュニケーション能力

コミュニケーションというのは、社会人にとってとても大事なスキルです。社会人になるといろいろな人と接しながら仕事をしていかなくてはなりません。そして良い仕事を行うのであれば意思疎通をしっかりとしておかなければなりません。

編集者の場合では、ライターやカメラマン、デザイナーなど多くの人と関わりあって仕事をしていきます。コミュニケーション能力というのは、相手に自分の言いたいことを伝えるのに必要であったり、また相手の話を引き出したり・理解する「聴く力」がにもなってきます。こういったスキルといったものはすぐに備えられるわけではないので、早いうちから意識をして能力を身につけていくことをおすすめします。

感性を磨く

映画や小説・美術や芸術といった自身の感性を磨くことをしておきましょう。さまざまな教養や知識を身につけておくことで幅が広がり他の人とは違ったアイディアを出すことができたり、創造力を働かすことができたりと若いうちから一流のものに触れておくということは仕事をする上でも活かすことは可能でしょう。

雑誌編集者は未経験でもできる?

出版業界の編集者を目指すのであればやはり出版業界での数年以上の経験を要することが多く、なかなか未経験で採用されるということは難しいようです。

ただ、出版社などに直に連絡をして熱意を伝えたり・タイミングがあえば採用してもらえることも可能ではないでしょうか。

その他に、Web業界などの編集者であれば、未経験でも採用をしてくれる企業は多いようです、ただ何らかの専門知識がある方が採用は有利になることが多いようです。

まとめ

高校生から編集者を目指すためには大きく4つの方法があり、これら進路を決めるときに参考にして頂ければと思います。また、高校生の内に身につけて多くといいスキルも意識して行うことで将来社会人になった時には必ず役に立つことでしょう。また、とくにこの時代ではどの職種に限らず、何らかの得意としている分野や技術があると有利に働くことが多いようです。編集者を目指すのであれば多角的に多くの知識やスキルを身につけておくことで仕事にも役立てることができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました