雑誌編集者の魅力と挑戦!仕事の内容、やりがいと厳しさを解説!

コンサルタント系資格

雑誌編集者という仕事は、雑誌を発行する出版社や出版会社から編集を依頼される編集プロダクションで働きます。この記事では、編集者の仕事内容ややりがい、辛いことなどを具体的に紹介していきます。編集者の仕事を今から始めたいという方、もしくは今後の目標にしている方は、ぜひ本記事をお読みください。

雑誌編集者について


雑誌編集者は、複数人がチームで働き、それぞれが担当するページを編集して1つの雑誌を完成させます。編集者は主に出版社や編集プロダクションという企業で働いています。

特にファッション雑誌の編集者は、担当ページのテーマを決め、そのテーマに合った文章や写真を集めて雑誌の形を整えます。ページのデザインやレイアウトを決定したり、ライターやカメラマンに依頼を出したり、モデルと撮影の準備を行ったり、印刷所と連携して雑誌を印刷するなど、さまざまな仕事があります。

雑誌編集者になりたい人へのアドバイス

好きな分野を徹底的に追求し、挑戦することが大切です。例えば、ファッション雑誌の編集者になりたい場合、ファッションが好きな気持ちが強いほど良い仕事ができるでしょう。流行を発信する仕事は楽しいもので、それを目指す人にとっては最高の仕事です。

編集者の仕事内容

雑誌や書籍の制作は、企画や立案から始まります。企画内容は多様で、読者層や時代背景を理解した上で、メッセージが伝わる作品を作ることが求められます。

企画ができたら、編集会議で他の編集者に発表し、承認を得ることが重要になり、独りよがりな企画ではなく、多くの人にとって魅力的で必要性が高いものが、良い企画の条件となり、そのアイディアなどを出すことに苦労する。

具体的な大変さとしては、長時間の移動や労働、取材先での予期せぬトラブル、原稿の細部チェック、締め切りぎりぎりの作業などがあります。これらの課題にもかかわらず、雑誌編集はやりがいのある仕事です。これらの挑戦を乗り越え、編集者を目指す熱意があれば、ぜひ挑戦してみてください。

編集者のやりがいってなに?

編集者の仕事の魅力は、自分が立てた企画が人々に受け入れられたときや、著者や写真家、イラストレーターの才能を広めることができることです。編集者が選んだ著者の依頼を受け、完成した本が売れることも大きなやりがいです。本の制作プロセスを楽しむことが、編集者の素質と言えるでしょう。

また、手掛けた新しい雑誌が書店で並び、読者から「面白かった」といった感想をもらうときも喜びを感じます。長い時間をかけて作成した作品が形になる瞬間は、最高の喜びです。

さらに、流行を先取りし、新しいトレンドを作ることも魅力の一つです。雑誌の発行までに半年から1年程度の時間があるため、自分が流行ると予想したことが実際に当たると、とても嬉しく感じます。

編集者の仕事はつらい?きつい?大変?

締め切りのプレッシャー

雑誌は定期的に発行されるため、編集者は常に締め切りとの戦いとなります。時間内に仕事を終えなければ、雑誌の発売遅延や内容変更のリスクがあり、常に発売日が近づくと、締め切りのプレッシャーは高まります。締切に追われると、夜遅くまで働くことがしばしばあります。

企画とアイデア出し

編集者は常に読者を引き付けるため、斬新な企画とアイデアが求められます。時代の流れやトレンドを把握し、それに合わせた企画を考える必要があります。これには、情報収集と分析力が不可欠となります。

多岐にわたる業務

企画、原稿チェック、編集、取材や撮影の立ち会いなど、様々な業務をこなす必要があります。広範な知識とスキル、優れたコミュニケーション能力が必要です。
さまざまな業務を同時にこなしながら、次の企画に取り組むことが求められます。さらに、ライターやカメラマンへの支払いや取材経費の管理、スケジュール調整など、多くの人と連携しながら仕事を進める必要があります。

編集者は一般的なサラリーマンよりも厳しい生活を送ることが多いですが、独自のやりがいもあります。多くの情報に触れ、展示会に出かけたり、テレビやインターネットで最新情報をチェックすることが重要です。体力も必要とされるため、編集者は活発なフットワークを持って情報収集に励むことが求められます。

編集者の勤務時間は不規則で、出版社で働く場合でも、9時から18時の一般的な勤務時間では済まないことが多いです。自分の仕事が終わっても、トラブル対応や締切のために働くことがあります。また、休日は土日が休みというわけではなく、シフト制で働くことが一般的で、長期休暇を取得することは難しいことが多いです。

まとめ

編集者になるために特別な資格は必要ありませんが、大学卒業後に出版社、新聞社の出版局、または編集プロダクションに就職し、最初はアシスタントとして経験を積むことが一般的です。まずアシスタントとしての経験を積むことが重要で、大手出版社や新聞社は競争が激しいため難しいかもしれません。一方、中小出版社では新卒採用よりも中途採用が主流です。

編集者の仕事は不規則な勤務時間と激務が伴うため、覚悟が必要です。しかし、編集者を目指す場合、これらの条件を承知の上で挑戦することがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました