ゲームクリエイターなったときのやりがいやつらいこと・大変なこと・苦労とは

クリエイティブ系資格

ゲームクリエイターという職業は、魅力的なイメージを持つ職業ですが、その裏側にはやりがいもつらいこともあるのではないでしょうか。この記事では、ゲームクリエイターとして仕事をするために必要な能力や、やりがい・つらいこと・大変なこと・苦労などを解説します。

また、ゲームクリエイターになるのに向いている人物像も紹介します。ゲームクリエイターを目指す方はぜひこの記事をご覧ください。

ゲームクリエイターとは魅力的な職業?


ゲームを開発していくうえで最大の魅力は、なんといっても自分が構想したものが形になり、世の中の人たちに認められたものを作った時です。醍醐味としてゲームで遊ぶよりもゲームを作る方が断然面白さを感じます。

開発期間が短い案件などを手掛けるときには時間が足りなくてかなり厳しいということもありました、またゲーム業界は変化が激しいところでもあるので人々が求めているものを読んでいくことが大変なところではないでしょうか。

けれど、これからも失敗を恐れずにチャレンジ精神を持って誰もしたことがない新しいゲームを想像していってほしいです。

ゲーム開発をするための計画を立てる

ゲームクリエイターの仕事してどのようなものをつくるかを決めなくてはいけません。それぞれ担当するゲームクリエイターが集まり、会議を開き意見を交わしあい新しいゲームを開発していきます。

それには、世の中の動向や、今後ヒットするであろうテーマを考え半年~2年という長い時間をかけ構想を練っていきます。

構想が出来上がるとキャラクターや動作など具体的な内容を決定していきます。また現在ではゲーム機も多様化しており、どのハードウェアに対応していくかなども考えていきます。

ゲームクリエイターになるために求められる能力


ゲームクリエイターになるために求められる能力と言えば、プログラミングの知識のようにゲームそのものを作り上げるために必要とされる能力が一般的には浮かびます。そしてこうした能力は専門学校で学ぶ人が多いです。専門学校ではゲームに特化した学科があるのでこうした形のゲームクリエイターを目指す人には近道だと言えます。

しかし、少し考えなければならないのは、専門的な知識や能力があれば面白いゲームができるのかということです。

ゲームはみんなが「やってみたい」と思うものでなければなりませんし、やり始めた人が長く続けたいと思ったり、達成感を味わったりできるもので無いとダメでしょう。つまりはプログラミングができる人がいても良いゲームができる訳ではなく、どんなゲームにするかといった構想を考える所から始まり、実際にプログラミングしてゲームに仕上げるまでには色々な能力を持ったゲームクリエイターが求められます。

こういった能力も求めれれる!

特に企画の部分ではプログラミングができる能力より、現在の社会情勢、人気のアニメ、スポーツ等々の情報収集や分析する能力が必要になります。そして、現状分析だけでなく将来おも見通す能力も必要でしょう。

そして、これらのデータを元にゲームの構成をしていくことが重要なポイントになります。

この仕事は、新しい車のデザインを考えたり、人気が出るアイドルユニットの構想を考えたりする仕事と同じようなものと言えるでしょう。

こうした仕事に求められるのは企画力です。

情報を分析し、その結果からゲームの構成を創作し具体的な形にしていくまでが企画力です。そのためには大学で経営学、経済学といったものを学んでくるのも良いでしょう。また心理学のような知識もあると企画には役立つでしょう。

一概にゲームクリエイターと言ってもその仕事の中身は千差万別ですし、それぞれ求められる能力は違ってきます。特にゲームの構想を考えたりする企画的な所で能力を発揮したいと考えるならばやはり、企画職は大学卒が有利でしょう。

ゲームクリエイターのつらいこと・大変なこと・苦労

ゲームクリエイター大変

突発的な残業が多い

ゲームクリエイターの仕事は、ゲーム制作となります。その上で、必ず起こり得るのが突発的なトラブルです。

わかりやすくいえば「バグ」と呼ばれる不具合が発生した時に、このバクを発見し修正を行わなかればなりません。時には、ゲーム自体をやり直すといったこともあり、その際には納期に間に合うように残業するということがあります。

チームで作り上げる大変さ

チームで制作をすることが多く、多くの人間が関わっていることが多くなかなか決まらないといったストレスもあるようです。また、自分の担当が遅くなってしまっている場合には、残業をして間に合わせるといったこともあります。

ゲームクリエーターに向いている人は?

ゲームクリエイターに向いている人といえば、ゲームに対する情熱がある人ではないでしょうか。ゲームを作る上で長時間作業をしていかなくてはいけない仕事なのでそれを乗り越えれるくらいの情熱が必要になってくるのではないでしょうか。また、ゲームを作る上で多くの方が携わります。ゲームクリエイターは多くの方とコミュニケーションをとって作品を作り上げていかなくてはならないためこういったスキルも必要になってきます。

まとめ

ゲームクリエイターとして仕事をするために必要な能力や、やりがい・つらいこと・大変なこと・苦労などがお分かりなったと思います。ゲームクリエイターには、やりがいも大変ありますし、大変なことももちろんあります。そんなことも理解した上でクリエイティブな仕事となるのでいろいろなものを学習する好奇心があるとさらにいいのではないでしょうか。さまざまなものに触れ感性を磨きクリエイティブなものを作っていくということが大切なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました