ゲームクリエイターになりたい高校生必見!進路選びのコツ

クリエイティブ系資格

ゲームクリエイターになるための適切な進路を知りたいですか?この記事では、ゲームクリエイターになるための必要な資格や資格取得方法、高校生や大学生がゲームクリエイターになるためのステップなどを紹介します。ゲームクリエイターになるための適切な進路を知りたい方は、ぜひご一読ください。

ゲームクリエイターになるための進路とは

ゲームクリエイターとは、ゲームを創造しなにもないところからものを作り出し、ゲーム機やパソコン、いまではスマートフォンなどの遊ぶアプリなどのゲームを開発する人をゲームクリエーターといいます。

でも、そのゲームクリエイターになるためにはどのような道筋が必要なんだろう?

知っていますか?

この業界というのは、とくに学歴というものはあまりとらわれないので、中卒・高卒であろうが一流大学卒業であろうがなることは可能なんです!

しかし企業に就職をするということになると『専門卒』『大学卒』が多く採用されているということは現実…
※未経験よりは専門学校や大学で専門知識を身に付けているということが有利なんです!!

多くの高校生はゲームクリエイターを目指す進路として、「専門学校」や「大学」での学びを選びます。ゲームクリエイターの中にも、「プログラマー」、「デザイナー」、「サウンドクリエイター」といった様々な職種が存在するため、自分の興味や得意分野を見つけ、それに合わせて学校や専攻を選ぶことが大切です。

ゲームクリエイターの仕事は大きく3つある

ゲームの映像や画像を担当するゲームデザイナー、BGMや効果音といった音声担当のサウンドクリエーター、ゲームの動作や設計などを行うプログラマーに分けることができます。

それぞれの担当者の協力の元、ゲームは作られていくのです。

高校生や大学生がゲームクリエイターになるには

自分で面白いゲームを作りたい!ゲームが大好きな人は一度は思ったことがあると思います。しかし、具体的に何をすればゲームクリエイターになれるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。ゲームクリエイターといってもプログラマーやグラフィックデザイナー、ディレクターなど様々な役職があり、それぞれなり方は様々です。

ゲームクリエイターになるにもいくつか道はあります、多くの方が高校生か大学生だと思います。けれどたとえ未経験でも大丈夫です、代表的なものをご紹介しますね。

専門学校に通う

プログラマーやグラフィックデザイナー、サウンドクリエイターなどの直接開発に携わる人たちはゲーム制作の専門学校で学んだ後に就職するという方が多い様です。この様な職種では専門知識や技術が問われるため、学歴ではなく実力が重視されます。

大学や短大の美術系学部

最近のゲームでは高度なグラフィック技術が求められています。グラフィックについては大学や短大で美術を勉強したのちにゲームグラフィックの仕事につく方もいるようです。

一般の大学を卒業する

ゲームプランナーやディレクターなどの職業は大学を卒業し、入社後に適性が認められ経験を積んでなられる方もいるようです。大企業では大卒を条件にするところもあるようです。

独学で勉強する

ゲーム業界では学歴などよりも技術やセンスが重視されるため、学歴がなくても実力があればゲームクリエイターになることはできます。自分でゲームを作りコンテストなどに出してみたり、スマホゲームをリリースしてみたりすると良いでしょう。あなたはその時点でゲームクリエイターです。

ゲームクリエイターになるには資格は必要?

ゲームクリエイターになるためには、特に資格は必要ではありません。0からゲームを作り出すとのがゲームクリエイター。ゲームを作るにはさまざまなアイデアや発想力が必要になります。また、デザイナー的なデッサン力やプログラマーのような論理的思考が必要で、かなり多くのスキルが必要となる仕事となります。また、英語を扱うことも多く英語力も必要になってきます。

高校でゲームクリエイターになるには何科になる?

高校生でゲームクリエイターになるためには、IT科や工学科などでゲーム開発をできる学科もあるようです。また、最近ではネットを使った通信学校のN高等学校、S高等学校などでも勉強をすることができるようです。また、専門学校として、東京・大阪・名古屋に校舎があるバンタンゲームアカデミーや全国40箇所以上の学習センターを持つヒューマンキャンパス高等学校などがあったりするようです。

まとめ

ゲームクリエイターになるためには、資格や年齢といったものは関係がなくいくつでもチャンスはある仕事だと言えます。ただし、企業などに務める場合には、専門学校や大学などで専門的な知識を学び就職をするというのが一般的です。希に、独学などでゲームを作ってヒットしてしまってゲームクリエイターになるという人もいるようですが…。いずれにしても高校や大学で専門的な知識を学び企業に就職をして経験を積み、独立などをしていく方が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました