MENU

ヘアメイクアップアーティストの年収・給料って?

本記事では、ヘアメイクアップアーティストの収入について詳しく解説します。また、ヘアメイクアップアーティストがスキルアップするための資格も紹介します。メイクアップ事務所などに就職をした場合、美容サロンや化粧品会社などに就職をした場合、フリーとして活躍できる場合などの、ヘアメイクアップアーティストの年収・給料を詳しく解説します。ぜひ、本記事を読んで、ヘアメイクアップアーティストとしてのキャリアアップを目指してください!

目次

ヘアメイクアップアーティストの収入

メークアップアーティストになるためには、多くの方は専門学校を卒業した後に就職をします。では、就職したあとの収入っていくらくらいなんだろうって気になるますよね。

ここではメーキャップアーティストの気になるお金の話をしていきます。

メイクアップ事務所などに就職をした場合

現実として見習い《勉強》として働くことが多く先輩メイクアップアーティストの下でアシスタントとして働きます。給料でいうと月に10万円程度、多くても15万円程度と覚悟をしておいた方がいいでしょう。
このアシスタントの期間というのはとても忙しく仕事量も多く働く時間帯も勤務体系も不規則ではあります。給料が見合っていないと不満に思ってしまいやめてしまうという人が多くいます。けれど、この時期を乗り切ることで将来はフリーのメイクアップアーティストとして活躍をするという夢に向かって頑張っていかなくてはいけません。

美容サロンや化粧品会社への就職

メイクアップアーティスト事務所以外に、美容サロンや化粧品会社で働く場合、正社員として雇用されることが一般的です。平均年収は約250万円で、キャリアを積むことで400万円以上の収入が見込まれます。安定した収入を求める方には、こちらがおすすめです。

フリーランスでの活躍と高収入の可能性

アシスタントを経て経験を積み、フリーランスで独立すると、トップレベルのメイクアップアーティストになれば年収が数千万円も可能です。ごく一部ではありますが、テレビや雑誌で活躍するカリスマメイクアップアーティストになれば、数億円の年収も夢ではありません。

ただし、そのような成功を収めるには、メイクアップ技術だけでなく、コミュニケーション能力、パフォーマンス力、経営力など、多くのスキルが必要です。努力と継続が求められる職業ですが、メイクアップアーティストは夢のある仕事と言えます。

ヘアメイクアップアーティストって資格は必要?

ヘアメイクアップアーティストは、サロンやファッションイベントで活躍する職業で、実力が認められると有名人のメイクも担当できます。しかし、必須の資格は存在しません。

ただし、便利な資格がいくつかあり、就職や起業において重要な役割を果たすことがあります。ここで、ヘアメイクアップアーティストにとって役立つ資格をご紹介します。

ヘアメイクでスキルアップできるおすすめの資格3選

JMAメイクアップ技術検定

人気の高いJMAメイクアップ技術検定は、国際的に認められるメイクアップアーティストの技術を身に付けるための検定です。実技試験のみで評価され、各級を順番に合格していく必要があります。3級では基本的なスキンケアやメイクが試され、1級ではカウンセリング能力も問われます。受験資格はなく、対策を行って挑む必要があります。

MSOJ認定メイクアップ検定

この検定は、メイクアップアーティストとしての知識と技術を問う試験で、実技と知識の両方が評価されます。最上級合格者は講師として認定されるため、知識が重視されます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

国際美容連盟(IBF)の指定スクールでカリキュラムを修了すると受験できるIBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、国際的な評価を受けられる魅力があります。海外での活躍を目指す方や、国内で実力を証明したい方におすすめです。ただし、スクールの費用が必要です。

ヘアメイクアップアーティストの資格を取得するメリットとは?

メイクアップアーティストの資格を取得することで、就職や自分のヘアスタイリングやメイクアップのスキルをアピールすることができます。資格を持っていることは信頼性を高めるので、資格取得を目指す価値があります。多くの資格は民間資格であり、独学で勉強し取得を目指すことが可能となっています。

美容師免許は国家資格で、ヘアメイクアップアーティストに必ず必要ではありませんが、就職を考える際には有利となります。ただし、美容師免許は国家資格のため、美容系専門学校に通い卒業資格がないと取得することができません。

まとめ

ヘアメイクアップアーティストの収入は、職場によって異なります。メイクアップ事務所で見習いとして始める場合、月収は10万円~15万円程度で、美容サロンや化粧品会社で働く場合、平均年収は約250万円で、キャリアを積むことで400万円以上になります。

フリーランスとして成功すれば、年収が数千万円も可能ですが、多くのスキルが求められます。

ヘアメイクアップアーティストに必須の資格は存在しませんが、いくつかの役立つ資格があり、資格取得は信頼性を高めるため価値があります。美容師免許は必ず必要ではないですが、就職に有利に働きます。

ヘアメイクアップアーティストになるためには特に必要な資格はないものの、やはり就職などする際には何らかの資格を有していたほうが有利になることでしょう。なので、ヘアメイクアップアーティストを目指す上で取得できる資格があれば積極的に取ることもいいのではないかとおもいます。

いろいろな場面で、そういった知識やスキルというのは役立てることは可能なので検討してみてはいがかでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次