MENU

ヘアメイクアップアーティストはどんな人が向いているの?

ヘアメイクアップアーティストとは、ヘアスタイリストやヘアメイクアーティストを担当するプロフェッショナルのことです。この記事では、ヘアメイクアップアーティストになるために必要なスキルや特徴を紹介します。また、ヘアメイクアップアーティストになるうえで知っておくべき情報をご紹介します。ヘアメイクアップアーティストになることをお考えの方は、ぜひご一読ください。

目次

ヘアメイクアップアーティストとは

俳優や女優、モデルやタレントなど、自分自身を売り物にしている人たちにメイクを施す人のことです。メイク以外にもヘアセットやドレス、着物の着付けを行うことがあり、その仕事内容は多岐にわたります。しかし、仕事の根本にあるものは、『自分が担当する人をいかに美しく魅せるか』ということです。

ヘアメークアップアーティストは、ヘアメイク専門のプロダクションに所属する人が多いものの、中にはエステサロンや化粧品メーカーに勤務している人、どこにも属さずに独立して「フリーランス」として活動している人など、働き方はさまざまです。そんなメイクアップアーティストですが、女性が多く活躍しているイメージが強いと思いますが、男性のメイクアップアーティストも活躍している世界です。

いずれにしても実力があれば活躍できるハズです。

ヘアメークアップアーティストになるためには美容師の免許が必要になってきます。美容師の資格がない場合は、お客様を相手にヘアメイクを行うことはできず、補助的なアシスタント業務のみしかすることができません。

なので、ヘアメイクアップアーティストになるためには、美容師の資格を取得することが必要となってくるのです。

ヘアメイクアップアーティストにはどんな人が向いているの?

現代では、美容に興味を抱いて仕事にしたいと望んでいる人々が増えてきています。特に、メイクアップアーティストになりたい人は男女ともに多く見られるようになりました。テレビや映画、コンサートなどにおいて、俳優やミュージシャンたちのメイクを担当する人は、さまざまな経験やきめ細やかな心配りが求められます。どのようにメイクしたらテレビ映えのする綺麗な表情を演出できるか、汗や涙でも落ちにくい化粧方法を工夫するなどあらゆる努力を積み重ねているのです。

どんな場面でもスピーディーかつ臨機応変に対応できる人は、忙しい芸能界においても非常に重宝される存在といえます。素早く汗を抑えたり、ニキビなどの吹き出物を何も言わなくとも隠してくれるなど細かい部分に気がつく、こんな方が向いているといえます。

メイクさんの仕事に強い憧れを抱いている若者も非常に多く、専門学校で知識や高度なスキル学んでから就職活動をしているケースも増えているのです。誰かを美しくしてあげたいという強い気持ちを持って真剣に取り組んでいます。化粧を施すことによって救われたり、心が癒されることもあります。

このように、美しいメイクに仕上げることで誰かをバックアップしたいという意欲を持つ人がメイクアップアーティストに向いているのです。技術は経験を重ねるうちに向上していきます。コミュニケーション能力が高い人は相手をリラックスさせてあげることができるため、信頼される存在といえます。

求められるスキル

クライアントの要望を理解する理解力

クライアントがイメージしているものを形にしてさら自分ならではのオリジナルを出していく必要があります。どのようなことが求められているかを察知するスキルが必要です。

美容やファッションに対する情熱

美容やファッションへの興味・情熱というのは必要なスキルです。どんな仕事でも「学び続ける」ことは大切で、最新トレンドを理解することは当たり前です。美容・ファッションの世界は正解がないです。どんな状況でも突き進める情熱は必要です。

コミュニケーション能力

人を輝かせるのが仕事となります。良いコミュニケーションをとり相手の要望をうまく聞き出すということも必要でコミュニケーション能力は必須となります。また、多くのスタッフが連携する現場では周囲への気遣いや状況を読む力も求めらてきます。

ヘアメイクアップアーティストになる方法

ヘアメイクスクール・専門学校に通う

メークスクール・専門学校に通いメークに必要な基礎知識・技術などを学びます。※昼間・夜間課程の2年、通信課程の3年などスクール・学校によって異なります。

通信講座で学びメイクの資格を取得をする

一般的に通信講座からメイクアップアーティストになりたい方は『時間がない方』が選ぶ方法です。仕事をしている社会人や子育て中の主婦の方など「通学する時間的な余裕がないという方に適して勉強方法です。

専門学校に通うよりも費用が安かったり時間が調整しやすいので自分のペースで学習できるメリットもありますね。

就職《働き》しながら学ぶ

美容サロンやヘアメイク事務所やブライダルサロンなどに就職して技術を学び、働きながら夜間に専門学校へ通う方法という方法もありますが、タマゴを応援してくれるサロンもありますから、スクールを併設しているサロンなどに相談してみるといいでしょう。

まとめ

ヘアメイクアップアーティストは、人をいかに美しく魅せるかというのが大切な仕事です。それには、必要なスキルがあり仕事をしていく上で重要になってきます。これらのスキルを磨くことでヘアメイクアップアーティストとして輝くことができるので将来ヘアメイクアップアーティストを目指しているのであればしっかりと意識をしておくことは必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次