MENU

産業カウンセラーの年収《給料》は?将来性はどうなの?

産業カウンセラーという仕事は、最近注目を集めている仕事の一つです。この記事では、産業カウンセラーの年収《給料》や将来性などを紹介していきます。また、産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの違いもご紹介します。産業カウンセラーの仕事は、これから社会的に高いニーズのある仕事となっていくことでしょう。興味ある方は、ぜひご一読ください。

目次

産業カウンセラーの年収《給料》がどれくらい?

産業カウンセラーは、現在の日本のストレス社会においてまさに期待されている資格であると考えられています。

しかし、今の現状でいうと、労働者のメンタルヘルスに対して関心を払う経営者が少ないことや、資金不足でカウンセラーを雇う余裕が無いこと、類似する民間資格である臨床心理士の資格と比べ実績や知名度が大幅に劣るということなどから産業カウンセラーとして就職は大変に厳しいというとが現状です。

たとえ採用された場合でも非常勤やアルバイトといった雇用形態が多く、給料面での期待できないことがあります。

現在の実情の給料は?

会社員の管理職やプロジェクトリーダーなど、会社内で部下などにコミュニケーションを図っていかなくてはいけない相談を受ける立場の方たちが、スキルとして身に着けるようで、手当などは現在はなく年収は一般のサラリーマンの給料であるということができます。

しかし、今後企業はメンタルヘルスに力を入れていく方向で、健康相談など設ける企業が出てきています。なので、将来性を見越して資格を取得しておくことでその機会が来たときには引く手あまたになり年収・給料面では期待できるのではないでしょうか。

産業カウンセラーの就職・求人は?

まだ産業カウンセラーという資格自体が企業に浸透していないのが現状で、企業の求人数はまだまだ少ないく、しいて言うのであれば職業安定所などといったところが今のところの就職先ではないでしょうか。

職業安定所などで勤務することができれば、精神に障害のある方などの就職相談や心理カウンセリング、あるいは、職安の開く就職支援セミナー等の進行などが主な仕事となってくるでしょう。

企業の場合は、資格取得をしている方は主に人事部や、職員の教育にあたるような立場の人がキャリアアップや部下とのコミュニケーションを円滑にするために資格を取得するといった傾向が強いので、実際のカウンセリングを行うことはほとんどなく、産業医が在籍している場合は、医師や在籍の臨床心理士等と協力して支援を行うといったことが多いでしょう。

まだまだ知名度が低く産業カウンセラーとして企業が採用するかといえばまだまだ厳しいのが現状です。

社会的ニーズが高い?可能性のある仕事?

社会的なニーズとしては高く、メンタル系の資格の中では、より現実的で、実践的な資格ではないでしょうか。

また、今後を期待するのであれば、心理的な専門知識を活かし、企業全体のメンタルヘルス対策や予防活動、キャリア開発などにも関わることで活躍することができるのではないでしょうか。正直言って未成熟な資格であるがために可能性としては無限に秘めているのではないでしょうか。

企業において、社員一人一人がスムーズに働けるような環境を提供することは重要ですし、職場で人間関係やストレスに悩んでいる方が年々増加しているため、カウンセリングの必要性と心のケアをおこなうことは何より重視されていますし、産業カウンセラーは專門知識を持ったプロの仕事として会社でも需要が多いです。

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの違い

よく皆さんが比較するのが産業カウンセラーとキャリアコンサルタントです。

どちらも養成講座を受講する事で受験資格有するという点で類似していますが、その違いは簡単にいうと産業カウンセラーは民間資格でキャリアコンサルタントは国家資格となり、それぞれを比較すると産業カウンセラーは、基本的には心理的観点から人間関係の悩みを解決する仕事で、キャリアコンサルトは、キャリアアップなどの仕事の悩みを解決するのが仕事となります。

主にキャリアコンサルタントの就職先としては、ハローワークなどの公共施設から、会社の人事部門、あとは大学や短期大学、高等学校などになります。産業カウンセラーよりも求人は多くあり安定はしているということができます。

いずれにしても、自身がどのように働きたいかによって進む方向は異なってきますので、自身がやりたい仕事を見極めた上で資格を取得することをおすすめします。

まとめ

結論から言うと、産業カウンセラーの年収は、資格や経験によって左右されるようです。現在、日本ではまだ産業カウンセラーの求人は少く、認知度も低いのが現状のy王です。しかし、これから企業がメンタルヘルスに力を入れるようになれば、需要も増えもっと社会から求められる仕事になっていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次