MENU

独学? 未来の資格のためにスクールで学ぶ?メンタルヘルスマネジメント検定の難易度別の学び方や勉強時間

私たちの生活におけるメンタルヘルスの大切さが日増しに注目される中、この検定を取得することは多くの方々にとって価値があることでしょう。

しかし、どのように勉強すれば良いのか、独学、通信教育、通学の中でどれが最も効果的なのかを知りたい方も多いはず。

この記事では、メンタルヘルスマネジメント検定の合格率や難易度を明確にし、独学での学習法を中心に、最も効果的な勉強方法をお伝えします。

また、時間をうまく使って勉強するためのコツもシェアしますので、しっかりと活用してくださいね。

初心者の方も、この記事を手引きにして、メンタルヘルスマネジメント検定の合格をぜひ目指してみてください。

目次

3種・2種・1種、独学でもいきなり合格できる?

いきなり合格
結論から言うと、
3種・2種は、ある程度勉強をすることでいきなりでも合格をすることが可能です。

一方で、1種では、しっかりと勉強をしておかないといきなり合格することは難しいと思われます。

3種は、いきなりでも合格できる!

3種は、マークシートということもあり、合格率も高く常識問題も多いので、公式テキストを読んで問題集などを解いておけば問題ないでしょう。

2種は、いきなりでも合格は可能

2種は、しっかりと公式テキストを読み込んで、問題集もしっかりと勉強しておけば、合格が可能な試験でもあります。
ただし、法律などの細かい部分を暗記をしっかりとしておくことでさらに合格できる確率が上がるのではないでしょうか。

1種は、しっかりとした準備・勉強が必要です!

メンタルヘルス・マネジメント®検定の1種は、管理職や経営者を対象にした高度な内容に加えて、論述問題が含まれています。

非常に要求の高い課題で、1200字近くの文章を1時間で書き上げる必要があり、しっかりとした準備が必要となります。

では、そんなメンタルヘルス・マネジメント®検定を合格するためにどんな勉強方法がいいかおすすめをご紹介していきます。

独学・通信・通学?合格するための勉強方法とは

勉強方法
資格取得に向けて頑張っている方たちも多いかと思いますが、よく話題に上がるのは、独学か?通信か?通学か?の資格の勉強方法ですよね。

正直、やっぱり一番よいのは通学スタイルであることは分かっているのですが、
ネックが講座費用、時間的な拘束…なので通信や独学を選択をしてしまうってことが多いような気がします。
経験上、国家資格など難易度が高い資格に関してはやはり通学講座などに通って勉強したほうが確実です。
丸暗記では対処しきれない、回答のテクニックは生きた言葉でしか得ることはできません。

最近は通信講座が人気で、効果的だと実感しています。今や勉強は、ネットを使った方が効率的でお金もかからないです。

正直、独学でも合格は可能ですが、やっぱり通信講座などを使った方がより効率的です。なぜって、通学や通信は学習するサポートが充実しているからです。わからないことがあれば、通信講座のSNSや学習サポートなどを使えば教えてくれますしね。

なので、私としては、メンタルヘルスマネジメント検定を合格するためには通信講座をお勧めします。

独学で学ぶという方で、通信講座や通学講座の資料請求しましょう。無料で資格の試験傾向なんかがわかるので便利ですよ♪

受験資格

受験資格には、学歴や年齢、国籍などの制限はなく、マークシート方式(4択)の試験なので、取り組みやすいのも特徴です!

受験資格は特に無く、誰でも受験する事が出来ます。さらに、Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種を同日に受ける事も可能です。

メンタルヘルスマネジメントの難易度は?

マークシート方式で受けやすい!Ⅲ種(セルフケアコース)は合格ラインは70%

メンタルヘルスマネジメント検定試験は、2006年から行っていますが、申込者数は年々増加し、試験開始から7年経った2012年の申込者数は2006年の3倍強となり今後も増え続けていくでしょう。これは、メンタルヘルス対策に取り組む企業や団体が増え、この検定試験を導入・推奨する企業や団体が増加しているためとも考えられます。

メンタルヘルスマネジメント検定の合格率は?

Ⅲ種【セルフケアコース】

ここ最近5年間のⅢ種【セルフケアコース】の合格率をみると約7割程度の合格率でかなり高く、試験問題も比較的簡単な試験といってもいいでしょう。

Ⅱ種【ラインケアコース】

ここ最近5年間のⅡ種【ラインケアコース】の合格率をみると約6割程度の合格率で比較的高い傾向にあります。3つコースの中でも、一番受験者数が多い試験となっています。試験問題は社内のメンタルヘルスケアを推進することが目的で、社内でも人事の管理をするスタッフが対象となっているようです。

Ⅰ種【マスターコース】

ここ最近5年間のⅠ種【マスターコース】の合格率をみると約2割程度の合格率で低く難易度が高いいえるでしょう。試験問題は社内のメンタルヘルスケアを推進することが目的ですが、Ⅱ種【ラインケアコース】とはレベルが異なりかなり難しい問題を出題される傾向にあります。Ⅰ種の場合にはマークシート形式の試験と、論述問題が課されているのでさらに難しさが増す傾向にあります。

メンタルヘルスマネジメント検定の勉強時間は?

Ⅲ種【セルフケアコース】

勉強時間は過去問題などのテキストをしっかりと学んでいればおおむね合格をすることができるのではないかと思います。

Ⅱ種【ラインケアコース】

勉強時間は、こちらも過去問題などのテキスト問題をしっかりと勉強をして暗記をしておくことでかなり合格率が上がってくるのではないかと思います。おおよその目安として1日2時間程度勉強をすることで合格することは可能なのではないでしょうか。

Ⅰ種【マスターコース】

勉強時間は論述問題もあり専門用語の理解度であったり法律的なものの理解度であったりと相当な時間を費やしていかなくてはなりません。おおよその目安としてはⅡ種【ラインケアコース】の2倍の時間を費やしてみっちり勉強時間を設けることで合格率も高くなってくるのではないでしょうか。

まとめ

メンタルヘルスマネジメント検定の難易度は、ステップごとに異なります。Ⅲ種【セルフケアコース】やⅡ種【ラインケアコース】​は初心者にも取り組みやすい内容が中心です。いきなり試験にを受けても合格する確率は高いでしょう。しかし、トップレベルのⅠ種​【マスターコース】​は、しっかり勉強時間を確保して試験対策していかなければならず、難易度はⅢ種【セルフケアコース】やⅡ種【ラインケアコース】と比較すると高いです。

ただ、この最上位の資格Ⅰ種​【マスターコース】を取得することで、企業のメンタルヘルス対策のエキスパートとして、豊富な専門知識を持っている証明となるのです。

そうなれば、メンタルヘルスの専門家として活躍する扉が大きく開かれるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次